UNDERCOVER

1990年、デザイナー髙橋盾がスタートした「UNDERCOVER(アンダーカバー)」は、日本的な「カッコよさ」の精髄を体現する。 すべてのデザインの根底には、「見たことがあるようで、誰も見たことのない服を創りたい」という考えが強く反映され、流行への反逆とも言える反抗心が常にデザインの中に存在しています。 「We make noise not clothes (服ではなくノイズを作る)」のコンセプトを掲げてクリエーションを続ける Undercover は、意外性のある、相反する要素を巧みに融合させます。 多彩で魅力的なデザインを通し、Undercover は一貫して独自の世界観を表現し、コレクションごとに新たな展開を見せてくれます。